読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

non-hackerの日記

IT以外の趣味的な話を書くブログ

コメディの定義とは何か?それはバナナ



コメディの定義とは何か?それはバナナ

  • What's the definition of comedy? Banana. - Addison Anderson www.youtube.com

この動画の内容がすごく面白い、というか適度に難解で興味深い。 レジェメ的に内容をまとめてみた。

  • 前置き
    我々の世界は混沌(カオス・現実界)、なので体系的な論理によってそれを組み立てる
  • 何が言説(真実orフィクション問わず)を面白くするのか?

  • 思想家アンリ・ベルクソンの考え

    • 笑いとは生き物であるため定義はしない、しかしその挙動は観察できる*1
    • 笑いには社会的な機能がある
  • どんな時に笑うか

    • 天丼、矛盾の提示、地面のバナナに気づく
  • オートマティズム

    • 無意識の頭の固さに気づかないこと
    • 笑いとはこれに気づかせること
  • ちょっとアリストテレスの思想を振り返る

    • 「矛盾する言説が同時に真であることはない」、ここにコメディが息づいている
    • 論理的な矛盾の非論理性
  • どんな時に笑うか

    • 世界にある秩序が乱された時、それが本当でないとわかった時
    • 例)みんなの行動が話題にしたくない本当のことと矛盾する時
    • 例)みんなが考える変な意見がコメディアンによって公にされた時
    • 例)猫がピアノを弾いた時
    • ⇛ 明らかな誤りの発見、不調和、繰り返し、秩序の混乱、矛盾の発見
  • コメディの定義

    • このように、コメディは論理の外側から論理に迫るものだから、無限の非定義をもつ
      → 結局コメディを定義することはできない

実例による考察1

最近、古典落語壺算 - Wikipedia を見ることができたので、これをたたき台にする。

  • あらすじの引用

二荷入りの水がめを買いたい主人公の吉公。しかし、この男は「黙っていた方が利口に見える」とまで言われるドジ。 おかみさんに言われ、買い物上手と言う兄貴分の所へ協力を求めに訪れた。 そんな吉公の頼みを、快く引き受けた兄貴分。だが、瀬戸物屋を訪れた彼が目をつけたのはなぜか半分の一荷入りの水がめだった。 このかめの値段は、本来三円と五十銭だったのだが、兄貴分は瀬戸物屋を太鼓持ちも顔負けの口調でおだて上げて五十銭値引きさせてしまった。 そして、何度も文句を言いかける吉公を制し、兄貴分は一荷入りを買い求めて店を出てしまう。 吉公が「俺の買いたいのは二荷入りの壷」と文句を言うと、兄貴分は任せておけと言いなぜか瀬戸物屋へ引き返してしまった。 「実は手違いがあったんだよ。こいつの買いたかったのは二荷のかめなんだが、コイツが度忘れして一荷入りの水がめを買っちゃったんだ」 瀬戸物屋に二荷入りの値段を訊くと、「さっきの一荷入りが三円五十銭ですから、二荷入りは丁度倍の七円…あれ?」 さっき五十銭値引きしたせいで、結局一円の開きが出てしまったのだ。 がっかりする瀬戸物屋に、さっきの一荷入りを元値の三円で下取りさせる兄貴分。 「さっきの一荷入りを下取って三円、最初に渡した三円を足して六円」と言い、二荷入りを持って出て行こうとした。 何かおかしいと思い、慌てて呼び止める瀬戸物屋。それに対して兄貴分はさっきと同じ話を繰り返した。 また慌てて呼び止める瀬戸物屋、とうとう堪忍袋の緒が切れた風を装い、兄貴分は「算盤使って確かめてみろ!」と一喝。 言われたとおりに勘定してみると、確かに計算はあっているのだが手元を見るとやはり三円足りない。 とうとうパニックになった瀬戸物屋が「一荷入りも持って行ってください」。 兄貴分が「二つもいらないんだ」と言うと、瀬戸物屋が大きな声で一言。 「お金も返すから!」

  • 面白さはどこに?
    • 明らかな誤りの発見: どう考えても水がめの計算は合ってない
    • 不調和:おかみさんに尻に敷かれる吉公
    • 繰り返し:兄貴分は瀬戸物屋に都合二回はこの話をしてペテンにかける
    • 秩序の混乱:計算が得意なはずの商人が兄貴分に騙される
    • 矛盾の発見:ナシ
    • オチYouTubeにはこの話は無いが、やっぱり最後は笑いの効果で混沌と化した座をオチで元に戻す必要がある気がする

実例による考察2

  • YouTubeのコメント欄で「I laughed at 2+2=4」、とある。
  • 外人はそのコメントにウケている。

  • これは動画の中で「2+2=4は真実ではあるけど、それは面白くはないよね」というナレーションと関係する

  • というのは、そのナレーションが「2+2=4は面白くない」という秩序を作り、コメント欄がそれを乱したのである

*1:プログラミング的に言えば、クラスの定義はわからないけど動作はリバースエンジニアリングでわかる的な