non-hackerの日記

IT以外の趣味的な話を書くブログ

日本軍と日本兵 米軍報告書は語る 、読了



 

日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書)

日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書)

 

読んでいて面白かったところ

日本兵の戦う理由は同調圧力

米兵の日本兵に対する聞き込みの結果をふまえて、筆者はこう結論付ける。

 天皇靖国のためではなく、味方の虐待や体罰が怖いから戦っているに過ぎないという軍曹の指摘を踏まえるならば、日本軍兵士は敵アメリカと戦うための明確な大義を「自分で考え」、敵を激しく憎むことができなかったことになる。このことが米軍側から「三流の兵隊」呼ばわりされるに至った根本理由だったのかもしれない

支配者側から見れば有効な統制方法かもしれない。たぶん日本人の気質である。

 

 同調圧力の合理的理由

  • 心理的理由だけではない、これはなかなか巧妙
  • 日本兵の給金は少なく、残した家族の頼りになるのは村の共同体だった

 これをみるに、日本兵が留守家族の生活困窮について抱いていた心配の解消は政府ではなく「村」すなわち近隣社会の手に委ねられていたといえる。万一兵士たちが敵の捕虜となり、卑怯にも自分だけ生き残ったとすれば「村」は家族への農作業援助を打ち切るだろう。私は、これこそが彼らが投降を忌避した最大の理由のひとつとみるし、米軍もそれを知っていた。

 

 

ニンジャスレイヤーの原型?追い詰められた日本軍の奇妙な行動

 米軍撃滅のため、朝夕の点呼時に次の訓練を行うことにする。

一 眼を閉じ、片方または両方の拳を握りしめて振り上げ、〝チクショー!(Damned animal !)〟と叫ぶ。そうすればヤンキーどもも怯えるだろう。

 

二 続いて上級将校が〝ヤルゾー!(Let's do it !)〟と叫び、部下が〝ヤリマス!(We will do it !)〟と唱和する。

 

三 最後に、将校が刀を右手に握り、決然たる袈裟斬りの構えを取る。刀を振り下ろし〝センニンキリ!(Kill a thousand men !)〟と叫ぶ。

ほぼ今は他人事なので草生えるのだが、もし自分がそんな状況になったらとおもうとゾッとする。

 

死者には優しく傷病者に厳しい

  • かなり不条理、非合理的
  • 傷病者を助ければ後の戦力として使えるし、死体の回収は時に生きている味方の損害を伴う

死体の回収 日本軍は遺体の回収に多大の困難を感じている。彼らは傷者はおろか遺体回収のためにさえ、米軍陣地の数ヤードそばまで這い寄ってくる。死体は埋葬、または火葬されるため、殺害者数を見積もるのは難しい

一方で

日本兵は死者には丁重だが、急いでいるときは傷病者を置き去りにしてしまう。もし彼らにまだ銃の引き金を引く力が残っていれば、そうすることを強く求められる。